最新の医療設備で充実した歯科医療を提供

最新の医療設備

歯科医療は、新しい医療設備が次々と開発されより質の高い治療が提供できるようになりました。これまでは抜歯しか方法がないと言われた歯も保存の可能性が広がり、CT診断やインプラント治療により咬合の再構築の可能性が高まっています。当院では最新の医療設備を整え歯科医療の充実に努めています。

 

診断の精度を高める医療設備

正確な診断は、治療結果を左右するほど重要です。歯科用CTとデジタル・レントゲンを完備し、精度の高い診断を行っています。通常はデジタル・レントゲンで診断し、より詳細な診断が必要な時は、CT診断を行います。これによりむし歯治療からインプラント治療まで、正確な診断と治療ができるようになりました。

歯科用CT歯科用CT
歯科用CTは、被ばく量が医科用CTの1/10の人体に優しいシステムで、コンピュータを用いて断層撮影を行います。デジタル・レントゲンは撮影した画像が平面的ですが、歯科用CTは、お口全体を3D(立体)に捉えることができ、骨の状態や咬み合わせ状態を正確に把握できます。また情報が多いので画像が鮮明です。根の先の病巣や神経の位置まではっきり映り、小さな病巣も見逃すことはありません。歯科用CTの導入により診断の精度が高まり、インプラント手術や根の治療・親知らずの抜歯・歯周病治療など、より安全・確実に行えるようになりました。

「歯科用CT」はこちらへ

デジタル・レントゲンデジタル・レントゲン
デジタル・レントゲンは、フィルムを使わないレントゲンシステムです。撮影した画像をコンピューターに取り込んで、モニターで再現します。従来のレントゲンに比べ、クリアで鮮明な画像が得られます。また患部を拡大できるので、より詳しく見ることができます。現像を必要としないので、撮影後はユニットで一緒にご覧いただけます。被ばく量も少なく人体に優しいシステムです。

「レントゲンの種類」はこちらへ

治療の精度を高める医療設備

より美しく高度な歯科治療を実現するために、セレックシステムやEr:YAGレーザーを導入しました。また従来は難しかった色決め等も機械でより正確に判定出来るように致しました。
これらの機器により従来よりも治療期間(時間)が大幅に短縮でき、しかも保険適用が認められる治療を初めとして低価格で質や精度の高い歯科医療を提供できるようになりました。

セレックシステム(CAD/CAM)セレック
セレックシステムは、セラミックの人工歯をオートメーションで作る最新のシステムです。スキャナで歯型データが取得できるので歯型を採る(いわゆる型取り)必要がありません。取得した歯の画像データをもとにコンピューターで設計し、ミリングマシンで自動的に削り出します。一連の作業をすべて院内でできるので、場合によっては1日で白い歯が完成します。これにより低価格で短期間に治療ができるようになりました。

「セレック治療」はこちらへ

Er:YAGレーザーEr:YAGレーザー
レーザー装置は、レーザー光を発生させる治療機器です。様々なタイプがありますが、当院ではEr:YAGレーザーを導入しています。このレーザーは歯が削れるという大きな特長があり、むし歯だけをピンポイントで削れるので痛みや損傷の少ない治療が提供できます。数あるレーザー装置の中で、唯一歯を削ることが認可されているのが、Er:YAGレーザーです。

「レーザー治療」はこちらへ

 

審美歯科の精度を高める医療設備

明眸皓歯という言葉がありますが、歯の色の白さ・・・実際には歯独特の若干の黄色みを帯びた「白」ですが、これにより人から受ける印象はガラッと変わって参りましょう。従来は数値化することが難しかったので随分と難儀を致しました。

シェードガイド・アドバンス(色の測定器)shade-guide-advance.JPG
当院では「色」を正確に判定する為に下記の機械を導入してみました。(右の写真は実際の使用時)
従来は歯の色を判別・判断する際に随分と悩まされました。考えてみたら日中と夕方でも色の見え方は相当に違って参りますし、白熱灯と蛍光灯でだって相当に色合いは違ったり変化致しましょう。来院直前にカレーライスやミートソースを召し上がっただけでも若干の一時的変色はすると言われています。
そんな悩ましい状況も機械のサポートで悩まずに測定が可能となりました。この機械は周辺の環境に左右されることなく可能な限り忠実に色を判定してくれる大変に優れた機械であります。私に限らずスタッフの誰が測定しても同じ結果が毎回得られるので非常に助けられております。

shade-guide-advance-point.jpg

old-shade-guide.JPG歯の色合いは実に様々です。明眸皓歯宜しく「真っ白な歯」を希望なさる方は多いのですが、他の御自身の歯との色調マッチングへの配慮は欠かせません。昔は右の写真の様な色見本を歯にあてがって「こっちかなぁ・・・、それともこっちかなぁ・・・」だったのですが、その悩みから完全に解放されました。

shade-guide-advance-decision.jpg今では被せ物の色の選択時のみならずホワイトニングと呼ばれる歯の漂白時にも、前後の改善の度合いを客観的に判断できる機器として実に有効な働きをしてくれます。「ナンとなく白くなった」ではなく「どれだけ白くなった」かの比較が一目瞭然であります。
ホワイトニングの術前に口腔内写真の正面観に機械が判定した歯の色を書き込みデータ保存。有りがたいことに術後のそれと比較しつつ効果を明確に判定できる時代になりました。
 

カウンセリングの質を高めるツール

お口の中の状態や治療方法は言葉で説明しても正確に伝わらない場合があります。百聞は一見に如かずです。一眼レフカメラやiPadを用いて出来るだけ解りやすい説明を心がけています。

iPadiPad
カウンセリングでは、可能な限りiPadを使いながら説明いたします。口腔内写真やレントゲン写真を取り込んで患者さんにもご覧いただくと、御自身のお口の状態が非常にリアルに伝わります。説明資料(例えばこの医院HPそのもの)などもiPadでページをスクロールしながら御覧いただくことができるので、より理解度が高まろうかと考えて居ります。

一眼レフカメラ一眼レフカメラ
一眼レフカメラで口腔内を撮影します。リングフラッシュ付きなので、陰が移り込んだりせずに鮮明な撮影ができます。過去においてはスティック状のCCDカメラで口腔内をダイレクトに画面に映し出したりもして居りましたが、一眼レフにはやはり画質で劣る故に次第にiPadでの拡大にも耐えられる一眼レフの画像一辺倒になってしまいました。
カメラで撮影した映像は、説明用に使用するだけでなく歯科技工士さんにより精度の高い情報を提供する為にも用います。

 

クリーンな環境を作る医療設備(その①)

治療で使用した器具には唾液や血液はモチロン目には見えない細菌などが付着しています。特に歯を削る器具(ハンドピース)の内側に付着した汚れや細菌は、通常の洗浄・消毒処理だけでは不十分です。当院では全自動ハンドピース・メンテナンスシステムや高圧蒸気滅菌・ガス滅菌器を完備し徹底した衛生管理を行っています。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)高圧蒸気滅菌器
治療で使用した器具を滅菌・消毒する装置です。庫内で高圧スチーム処理することで、あらゆる細菌や微生物を完全に死滅させることができます。オートクレープ処理により治療器具からの院内感染リスクが激減します。

全自動ハンドピース・メンテナンスシステムハンドピースメンテナンスシステム
歯を削るドリル専用の自動洗浄・滅菌システムです。ハンドピースを患者さん毎に交換するのは当たり前のことですが、このシステムを用いることでハンドピースの表面はもちろん、内側に付着している汚れや細菌も洗浄して完全に殺菌します。ドリルによる感染リスクが激減し、より安全・安心の治療が提供できるようになりました。

ガス滅菌器ガス滅菌器
治療器具の中には、オートクレープでは高温殺菌できないものがあります。それらの器具を滅菌する装置がガス滅菌器です。フル活用しております。

滅菌対象品目の一部
下記の様な小物(治療に用いる切削器具やまち針様のモノ)も患者さん毎に殺菌します。

parts1.JPG  parts2.JPG  parts3.JPG

 

クリーンな環境を作る医療設備(その②)

口腔外バキューム(フリーアーム)equipment06-2.JPG
前述の「クリーンな環境を作る医療設備(その①)」はどちらかって言うと患者さん間の水平感染予防を目的とした設備であります。それに対しこちらは術者サイドの飛沫感染予防を主たる目的にする装置と言えますでしょうか。
口腔外バキューム装置・・・平たく言えば強力な掃除機と言ったモノで、音がうるさいのだけは難点なのですが、歯の切削時にはどうしても目に見えないほどの細かな切削片(粉塵)や水飛沫を協力に吸引してくれるので今では欠かせないツールとなりました。
上手く考えられたモノで、先端の置き場所は自由自在。患者さんの顎の下にも置けますし、修復物の微調整時にもチェアーサイドで周辺を汚さずの切削・微修正が可能となりました。実際の吸引力を石膏模型切削で実証してみたのが下記の動画であります。



カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら