患者さんを主体とした歯科医療を提供

患者さんを主体とした歯科医療日々の診療に従事してますと、歯が痛くなってから治療に来る方が少なからずいらっしゃいます。いや大多数の方がそうだったりすると言っても過言ではありませんでしょう。我々もなるべく歯を残す努力をいたしますが、手遅れ状態で残念ながら抜歯になってしまうケースも・・・どうしてもあります。(泣)
その度に「もっと早く来て下さってれば・・・・」と思うのですが、現実的には御自身のこととして早期発見・早期治療を捉えるのはなかなか難しい事なのかもしれませんね。

例えば建物を考えてみて下さい。瓦が落っこちてしまったり窓ガラスが割れても交換すれば済むだけですが、土台がシロアリに喰われてしまうと基礎がボロボロになり家を支えきれなくなって倒れてしまうでしょう。でも、シロアリに喰われる前にシロアリ駆除をしっかりとしておけば土台が傷むことはそうそうありません。また、通常は14組ある上下の歯を柱に準えて考えてみると、建物の14本ある柱が数本なくなったりしたら・・・特に大黒柱的な奥歯が損なわれようモノなら軒や天井が下がったり、他の柱に負担が掛かり過ぎヒビが入ったり傾いたりすることも想像に難くありませんでしょう。

歯も建物と同じように、きちんとお手入れをして損なわれないように予防したり、仮に損なわれた場合であってもキチンと欠損部を補っていけば、いくつになっても自分の歯で食べたい物を美味しくいただく事が出来るようになると考えられています。

当たり前のことではありますが、当院の予防の主役は患者さん御自身です。御本人にきちんと歯みがきをしていただき、御自分では手が回らない部分を当院の歯科衛生士さんがお手伝いをいたします。歯科衛生士さんは、あくまで患者さんのお口の健康を維持・管理するサポーターに過ぎません。メインテナンスで隅々まで汚れを落とし、歯ブラシ指導や口腔ケア指導で予防意識を高めるお手伝いをいたします。責任を持って長きに渡る歯の健康をお守りしますので一緒に頑張って参りましょう!

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら